車検にかかる費用っていくら?準備するべき費用内容

車検で必ず発生する法定費用

車を所有している限り必ず受ける必要があるのが車検があります。国でも決められた車の健康診断のようなものであり、車検を行わなければ公道を乗ることができなくなるので注意ですよ。では実際に車検を行う際に、必ず必要になる費用として法定費用があります。これは法で決められいている費用であり、車検を行う方法はいくつかありますがどの方法を利用しても法定費用は必要になります。内訳としては重量税と自賠責保険料と印紙代になりますので、しっかり理解しておくことがポイントですよ。

車検場を利用した際に発生する車検基本料

車検を行う方法にはいくつかありますが、多くの人が利用するのが車検場がありますよね。車検場の種類としてはディーラー車検やガソリンスタンドにフランチャイズ店舗を利用したりします。その際に発生する車検費用として、車検基本料が必要となります。車検をする際には手続きや点検作業が必要なので、依頼した車検場側に支払う手数料と考えると分かりやすいですよ。基本的に車検代行手数料のほかに、点検整備の内容によって費用が変わる場合も多いですよ。

車検での不具合修理のための修理費用

車検を行うためには事前に費用を準備しておくことが大切ですよね。必ず発生する法定費用のほかに、ディーラーやフランチャイズ店を利用するのであれば車検基本料なども発生します。ただこれだけを準備すればよいというわけではなく、車検の際の点検で不備が見つかった際には修理が必要となります。修理内容によってはサービスしてくれる場合もありますが、部品の交換が必要になった際は費用が発生します。車検を行う際には、点検整備で見つかった不備を修理するための修理費用も準備しておくとよいですよ。

新車なら購入してから三年後、中古車な二年に一度、車検を受けなければならず、安全に公道を走れる状態かをチェックするためのものなので、車に乗るなら必須です。